<< 就活 | main | 紫陽花 >>

老いと心

0
     80代後半にもなる御高齢の患者様、開業当初から施術させていただいています。
     物を拾おうと道端の側溝に足を滑らせ転倒、浅瀬のどぶ?に落ちてしまい、幸い、近くを通りががった人に助けられ、帰宅できたそうです。

    幸い骨折など大きな怪我はなく、打撲程度ですみ、当院で施術させていただきました。本人曰く、同居する息子には何も話していないとか・・・ 心配をかけたくないのと、自分の老いを家族にさらしたくない心持ちな様子・・・ このような御高齢な患者様は、多くいらっしゃいます。 家族や身内だからこそ、自分の不調を話せない高齢者(親)の心境を察し、普段の様子から気が付いてあげることができたらいいですね。 
    posted by: よっちゃん | 診療の中で | 12:20 | - | - | - |