<< 諏訪の旅 | main |

妊婦の冷え

0

    こんにちは

     

    またまた、ご無沙汰しております。

     

    もうすっかり秋ですね。

     

    9月には、NHKで「東洋医学ホントのチカラ〜科学で迫る鍼灸・漢方薬・ヨガ」が、放映されましたね。

    ご覧になられた方も多かったと思います。

     

    私が、所属してる女性鍼灸師フォーラムの会長、辻内敬子先生も逆子の鍼灸治療で、また、東京有明医療大学保健学部教授の安野富美子先生は美容鍼で出演されていました。

     

    番組の中でも、逆子の鍼灸はもちろん、過活動膀胱と頻尿の効果は、自宅で患者様ができる手段としては驚きと感動でしたね。

    ソマプレーンも放送開始から注文が殺到し、東洋レジン蠅気黝く、アッという間に売れきれてしまったそうです。

     

     

     

    今回の女性鍼灸師フォーラムの勉強会では、女性のライフサイクルに活かす鍼灸とうテーマのとうり、安野先生はじめ豪華な講師陣で美味しいランチにデザート付のすべてにおいて満腹でした。

    やはり、20周年記念だけありました。

     

    ・辻内先生の妊婦の冷え症ケア ・安野富美子先生のライフサイクルに応じたレディース鍼灸の現状と課題、妊娠期を中心として

    ・鍋田智之先生(森ノ宮医療大学保健医療学研究科教授)の睡眠障害と鍼灸治療〜ソマセプトの可能性について

    ・矢野忠先生(明治国際医療大学学長)の女性の一生を支える女性鍼灸学の構築を目指して〜女性のためのより良い鍼灸医療への挑戦

    ・一般プラズマロ―ゲン研究会(九州大学名誉教授医学博士の藤野武彦先生の研究報告の脳疲労改善成分ホタテプラズマロ―ゲンについて)

     

    今回の勉強会では、冷えが妊婦さんにどれほどの影響をもたらすのかといううのが一番のポイントでした。

    冷えが有りと無しでは大きな違いです。早産のリスクは3.4倍、前期破水は1.7倍、陣痛微弱は2倍、遷延分娩は2.4倍です。

    冷え取りのために、特に妊婦さんは、日常生活には気をつけましょう。お腹はもちろん、足首周囲の保温、冷たいものを摂取しない、できることなら自宅施灸を〜

     

    日本助産師会推薦商品の羽毛足首ウォーマー、とてもおすすめです。

     

    来年から、お灸教室も開催する予定ですので、ぜひ自宅でのお灸も取り入れてほしいですね。

     

    posted by: よっちゃん | - | 14:01 | - | - | - |